RIMCOF 技術研究組合
トップページ
組合概要
研究開発事業
各種報告書
リンク
お問い合わせ

周辺地図 mail@rimcof.or.jp

 

トップページ > 研究開発概要


研究開発事業

研究開発概要


RIMCOF技術研究組合(以下、RIMCOF)は、平成28年度より4年間の計画で国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)より「次世代構造部材創製・加工技術開発(次世代複合材及び軽金属構造部材創製・加工技術開発(第二期))」プロジェクトに関する事業を受託しています。


近年、大型機、小型機を問わず、航空機構造への複合材適用が増大していますが、複合材適用の一番の目的は軽量化であり、それに伴う燃費向上にあります。複合材の適用をさらに拡大するには、複合材製航空機の運航に伴う点検整備作業を効率化して、整備コストを大幅に低減すること、並びに高品質を確保しながら高効率かつ低コストで複合材を生産することが必要です。また、金属構造材料として航空機構造の軽量化が期待できる新しいマグネシウム合金の開発も必要な技術です。


以下に、RIMCOF技術研究組合で実施する構造健全性診断(SHM)技術開発、高レート製造技術開発、マグネシウム合金技術開発の概要を紹介します。


研究開発体制


RIMCOF技術研究組合発足以前の(一財)素形材センターにおける
これまでの研究開発概要はこちら



このページのTOPへ


 

Copyright(c)2001-2016 RIMCOF技術研究組合. All rights reserved.